卒園式や卒業式ではカジュアルなファッションを避ける

ハレの日にふさわしい服装で

子どもの卒園式や卒業式に保護者として出席する時の服装について、どんなことに気を付けたらよいかというと、卒園式や卒業式が、子供が無事に卒園、卒業できるというおめでたい日であるということをきちんと認識して、服装を選ぶということです。

極端に言うと、「主役は子供たちなのだから、保護者は何だっていいじゃない」という意見もあるかもしれません。確かに主役は子供たちなのですが、かと言って、出席する保護者が普段着と変わらないカジュアルすぎる服装で参加してしまうと、卒園式や卒業式という式典を軽んじているように見えてしまい、主役である子供たちを始め、式の主催者や列席者に対しても、礼儀を欠く状態になってしまいます。卒園式や卒業式というハレの場では、マナーを重視して、その場にふさわしい改まった服装を心掛けたいですね。

園や学校の雰囲気に合ったスタイルで

卒園式や卒業式では、カジュアルファッションは避けた方がよいのですが、ではどのような服装が最もふさわしいのかということについては、園や学校、地域の習慣などによって微妙に異なります。また、園や学校から、一定のルールが示されている場合もあります。上の子供が卒園、卒業済みの保護者の方に、どんな服装の方が多いのかをリサーチしておくと安心です。

卒園式や卒業式に出席する場合の服装としては、一般的には、略礼服(セミフォーマル)が適していると言われています。シンプルな黒やネイビーなどダークカラーのスーツが良いでしょう。ワンピースにノーカラージャケットを合わせたスーツスタイルなどが人気です。アクセサリーやコサージュで、さりげない華やかさを加えるのも素敵ですね。